一般社団法人 江別青年会議所 ホームページ

一般社団法人 江別青年会議所

 
 
 
    

ホームホーム青年会議所とは青年会議所とは例会案内例会案内事業報告事業報告メンバー紹介メンバー紹介入会のご案内入会のご案内

HOME > 江別JCについて > 委員会紹介

総務委員会


[事業計画]

専務理事

  • 深瀬  聡

局長

  • 内田  京

 事務局員

  • 井上  剛
  • 高橋 晴美

拡大広報委員会

委員長 運営方針 

 江別青年会議所メンバーは、JC活動に対する印象の違いや価値観の多様化から、JC活動への取り組みに温度差が生じている現状があります。私たち一人ひとりが主体的に行動を起こせるリーダーへ成長し、江別の発展に寄与しなければなりません。そこで、メンバーに対しての使命感のある自発的な行動を起こすことができるリーダーへの育成から、社会での私たちの活躍により、「活気溢れる協働のまち」江別を実現する必要があります。
まずは、メンバーがよりJC活動へのモチベーションを高め、積極的にJC活動に参加するために、JCの組織や事業のことやJC活動に参加していく上で役に立つ知識や情報を学べるオリエンテーションを行うことで、メンバーの資質とJCへの好奇心の向上を図ります。そして、地域活動を先導して行うべき私たちが、周囲の人々を巻き込める人財になるために、様々な分野で活躍する方々を知り、その人柄や体験を学べる機会を創出することで、メンバーが地域で活躍する人財の魅力を感じ取り、周囲を引き付けられる力を養成いたします。さらに、私たちが率先して地域活動に参画し、社会の活気を高めることができる人財へ成長するために、メンバーに奉仕の心の大切さと何事にも挑戦し続ける強い気持ちを育むことで、共に活動する仲間に進むべき道を示せる人財となっていただきます。そして、メンバーが対外対内の様々な場面において、リーダーシップを発揮できるようにするために、自分の意思が正確に相手へ伝わり理解され、相手の心をつかむ発言力を養うトレーニングを実施することで、人の心を動かせる人財へとメンバーを育成いたします。
私たち一人ひとりが、強い使命感のもと何事にも立ち向かい、先導して挑戦し続ける行動力と優れたリーダーシップを備えた人財へと成長を遂げ、幅広い分野で活躍する団体となった江別JCの社会発展への貢献により、「活気溢れる協働のまち」江別を実現します。

[事業計画]
1.通常総会・臨時総会の企画担当
2.魅力溢れる人財育成に関する調査・研究・企画・実施
3.3LOM合同例会の企画
4.まるごと江別2018の実施補助
5.新入会員オリエンテーションの企画・実施
6.3分間スピーチの企画・運営

副理事長

  • 池田 芳輝

委員長

  • 日谷 真維

副委員長

  • 大作  広
  • 清水 崇史

委員

  • 佐藤 達哉
  • 高橋 佑輔
  • 難波  淳
  • 山田 晋司
  • 羽田 一寛

地域創造委員会

委員長 運営方針 

 戦後の高度経済成長を経て、日本人の暮らしは豊かになりました。しかし、雇用形態や生活環境の変化に伴い、核家族化や地域コミュニティの衰退が進んだ結果、江別でも親や近隣の大人から教えられてきた、規律を守り他を思いやる日本人の和の心を伝えられる大人達が減り、利己主義な思考が蔓延しているのが現状です。だからこそ、人びとの和の心を呼び覚まし、互いを思いやる「活気溢れる協働のまち」江別を実現する必要があります。
まずは、子ども達が利他の精神溢れる人財になっていただくために、自分や他の命の大切さとありがたみ、家族や他人へ感謝する気持ち道徳を学び考える機会を提供することで、現代に薄れつつある日本人の和の心を呼び覚まします。そして、子ども達が呼び覚ました和の心を後世に伝える大人に成長していただくために、実体験を通じ普段目にする何気ない物にも歴史があり多くの人が関わって社会が成り立っていることを学んでいただくことで、他への関心や感謝する気持ちを強く育てます。また、大人が子どもの手本となり和の心を子ども達や周りの人達へ伝える人財になっていただくために、子どもと道徳教育を学び考える機会に参加いただき共に成長していただくことで、大人としての在り方や道徳教育の必要性を再確認いただきます。さらに、市民が和の心を伝え合う流れを生むために、会員に道徳教育の重要性を伝え日々まちへ和の心を伝えていくことで、市民の当事者意識を高めます。そして、関係諸団体の方々に、我々の運動に対しご理解、協働していただくために、相互理解につながる場を設けることで、つながりを構築し連携強化を図ります。
我々の運動を機に、江別市民が、和の心を呼び覚まして利他の精神溢れる人財となり、大人達から子ども達、そして周りの人達へ、和の心を伝えていく連鎖を生み出し、互いを思いやる優しい人間の集まった心温まる地域「活気溢れる協働のまち」江別を実現します。

[事業計画]
1.新年交礼会の実施
2.和の心醸成に関する調査・研究・企画・実施
3.まるごと江別2018の実施補助
4.他団体合同例会の企画・実施

副理事長

  • 鈴木 崇巳

委員長

  • 中川 正隆

副委員長

  • 石田 亮太
  • 森木 健一

委員

  • 上田 祐輝
  • 大森 佳輔
  • 佐賀  健
  • 細川 雄矢
  • 松山  敏
  • 森本  護
  • 藤本 祐樹

地域創造委員会

委員長 運営方針 

 少子高齢化は地域の経済活力減退や人材不足をもたらし、まちの活性化を取り戻すために活動している私たち江別青年会議所も人財不足の問題を抱えています。一人でも多くの次世代を担う人財と交流し、常に進化した組織として活性化し続けなければなりません。会員拡大を通じて地域を想う多くの方々との接点を広げ、拡大した交流人口の輪で地域経済に活力と潤い、賑わいのある「活気溢れる協働のまち」江別を実現する必要があります。
まずは、活発な地域づくりを行うために、江別青年会議所メンバーの会員を拡大し、より多くの地域を想う方々との接点を持つことで、地域の魅力を最大限に発信できる組織を構築いたします。そして、地域活力の活性化のために、多種多様な職業や世代、若い人財に例会などの各種事業への参加を促し、江別青年会議所の魅力的な活動を体感できる場を創出することで、会員拡大活動に理解と協力を仰ぎます。さらに、江別青年会議所メンバーが積極的に会員拡大活動を行うために、会員拡大の必要性や情報を常に共有し、自らが江別青年会議所の魅力を語ることで、当事者意識を醸成いたします。また、江別市の魅力を市内外の多くの方々が感じ、江別青年会議所の事業をより地域に必要とされる事業に発展させるために、市民や各種団体の方々と協働し、地元に還元できる事業に進化していくことで、地域経済に対して効果的な地域ブランドの持つ可能性を確立いたします。そして、江別の方々が自らの地域に誇りと愛着を持っていただくために、まちの魅力を最大限に活用する地域に根差した運動としていくために、地域に貢献できる事業を展開いたします。
明るい豊かな社会の実現に向けて江別青年会議所に一人でも多くの次世代を担う人財が集い、その活動で交流する人たちがまちの活力を生み出し、市内外の多くの人たちが地域間交流を経て地域経済が潤い、集まり賑わう「活気溢れる協働のまち」江別を実現します。

[事業計画]
1.OB合同例会の企画・実施
2.会員拡大に関する例会の企画・実施
3.交流人口拡大に関する調査・研究・企画・実施
4.まるごと江別2018の企画・実施
5.次年度への向けての企画・実施
6.会員拡大に関わる調査活動、新入会員候補者リスト作成
7.メンバーに対する新入会員情報の発信

副理事長

  • 仲谷 知明

委員長

  • 久保 祐紀

副委員長

  • 植村あかね
  • 高橋 利光

委員

  • 梶原 圭祐
  • 鷹架  諭
  • 堀  直人
  • 河辺 俊孝

地域創造委員会

委員長 運営方針 

  江別市には、悠久の歴史と豊かな自然の中から生まれた特産品や新旧多くの地域資源が存在しています。しかし、時代の変化とともに画一化が進み、地域の個性が失われつつある現在、人びとの関心や興味を思うように深めることができず、誰もが誇れる江別ブランドとして確立するには至っておりません。そこで、魅力溢れる地域の活力を呼び起こし、市民の地域を愛する心を育み、「活気溢れる協働のまち」江別を実現する必要があります。 まずは、江別に存在する地域資源を確固たる江別ブランドへと磨き上げるために、ブランド力の向上や商品価値の強化に関する有識者や各種団体とともに、ブランドの確立に関する調査・研究を行い、江別の優位性や抱えている問題点を明確にすることで、近隣地域との差別化を図り地域の可能性を導き出します。そして、地域の特性を活かしたまちづくりで地域経済を活性化させるために、現存する地域資源の有効的な活用方法を収集・検証し、市民と一緒に魅力を体験する事業を実施することで、多くの人びとが誇りを持つことができる江別の魅力を確立いたします。また、地域の魅力をより多くの人びとへと伝播させるために、地域の魅力を再発見・再確認する事業を通し、まちの魅力を直接体感していただくことで、住んで良かったまち、何度も訪れたいまちとして江別のファンの拡大を図ります。さらに、未来を担う子供たちが、将来も江別に住み続けていきたいと思ってもらうために、行政や各種団体と連携し自分たちが住み暮らすまちの魅力に直接触れ、思い出に残る経験をすることで、地域への関心を高め、生まれ育ったまちへの郷土愛を育みます 私たちの運動により、地域への誇りと愛着を持った市民による、地域の魅力を存分に活用したまちづくりがはじまり、市内外の人びとと活発に交流することで、魅力に人が集まり、まちが発展するという好循環を作り出し「活気溢れる協働のまち」江別を実現します。

[事業計画]
1.冬季イベントへの参加協力
2.地域ブランドの確立に関する調査・研究・企画・実施
3.まるごと江別2018の実施補助
4.「卒業生を送る夕べ」の企画・実施 

副理事長

  • 和田 友弘

委員長

  • 松浦 智幸

副委員長

  • 大塚 隼人
  • 佐々木亨暢

委員

  • 伊藤  海
  • 大滝 伸也
  • 落合  亮
  • 大森 桂輔
  • 佐々木一典
  • 笹川 琢矢
  • 佐藤 大介
  • 村上  亮
  • 岩村 太郎

地域創造委員会

[事業計画]
1.メンバーに対するONE EBETSU ACTION 2020の周知
2.メンバーが市内各団体と「ひと」のつながりを持つためのサポート業務
3.メンバーに対する江別市の各政策、ビジョンの周知
4.江別の防災ネットワークに関する調査研究・情報共有
5.メンバーに対する、江別市内の各種団体、各種イベントの情報提供

ONE EBETSU ACTION 担当理事

  • 松山  敏