Junior Chamber International Ebetsu Official Site

一般社団法人 江別青年会議所

Junior Chamber International Ebetsu Official Site

一般社団法人 江別青年会議所

私たち一般社団法人江別青年会議所は、「活気あふれる協働のまち江別」を創造するために4つの運動方針を定め、愛する江別をひとつに繋ぎます。

魅力に集うまち江別

江別には、数多くの魅力が存在します。豊かな大地に育つ農畜産物や多様な食品加工業に代表される「安心・安全で美味しい食」、野幌原生林や石狩川をはじめとする「美しい自然」、公共交通機関や高速道路などの交通インフラが整備されていることや、大都市札幌の隣まちであるという「優れた生活利便性」、4つの大学や様々な研究機関が存在する「優れた教育環境による文教都市」など、江別は大変多くの魅力にあふれたまちと言えます。しかし、これだけ多くの魅力がある江別ですが、市内外へ向けた情報発信や地域一体となった取り組みが不十分であるために、その魅力に惹かれ興味や関心をもってこのまちを訪れる人は決して多くありません。全国的に人口減少が叫ばれ定住人口や交流人口の増加が喫緊の課題とされている今、まちが持つ魅力を最大限に活用した「人を呼び込む」ための手立てが必要です。私たちは「魅力に集うまち江別」を目指すために、江別の魅力を地域が一体となって発信し、江別の活性化につながる運動を展開してまいります。


つながりあるまち江別

江別には、まちづくりに対して積極的で熱心な団体や市民の方々が数多く存在します。また、市内の大学や行政機関にも大変優秀な人材が豊富であると言えます。しかし、様々な団体や個人がまちづくりに対して大変素晴らしい活動を行っているにも関わらず、団体や個人間のつながりが希薄であるために個々の活動が見えにくく、せっかくの活動が効果的に波及されていない現状があります。このような状況では、江別市が掲げる「市民協働」の意識を高めることは難しく、まちづくりに対して関心の無い方々への理解も得ることは出来ません。「市民協働」でまちづくりを行うためには、団体や個人間のつながりをさらに強固とする必要があります。私たちは「つながりあるまち江別」を目指すために、様々な団体や市民の皆様と共に手を取り合い、より大きな波及効果を生み出す運動を展開することで、人と人、人とまちとをつなぐ「市民協働の架け橋」となり、強固な信頼関係を構築してまいります。


誇りあるまち江別

私たちが暮らす江別は開拓から現在に至るまで、脈々と受け継がれてきた歴史や文化によって形成されています。今ある私たちの暮らしは決して当たり前ではなく、先人たちが江別の未来を想い、互いに支え合い、協力しながら苦労を重ねてこられた賜物であることを忘れてはなりません。しかし、現代社会において地域コミュニティーの崩壊が社会問題として取りざたされているなか、自らが住まうまちに対しての無関心や利己主義的思考の蔓延から利他の精神が失われ、まちに誇りを持つことが難しい現状にあります。先人たちがこのまちを築き上げてくれたように、私たちはその熱い想いを真摯に受け止め、次の世代へとつなげていく必要があります。私たちは「誇りあるまち江別」を目指すために、郷土愛を育み、共助の心の大切さを醸成する運動を展開してまいります。


活力あるまち江別

江別には年間を通して様々な地域活性化の取組がなされ、その都度賑わいを見せます。しかし日常の生活においてはどうでしょうか。時代は目まぐるしく変化し、ゆっくりと立ち止まって考えている時間がないほど日々の生活に追われます。日々身近な情報源であるマスメディアからは、様々な社会問題に関するネガティブな情報が飛び交い、多くの市民が先行きの見えない不安感や疲弊感に苛まれているのが現状です。このような活力の無い状況では、決して明るい未来につながるとは言えません。このまちに活力を呼び覚まし、笑顔があれるまちへと繋げていくためには、まちを想い未来を切り拓く気概を持った人材を一人でも多く増やす必要があります。私たちは「活力あるまち江別」を目指すために、熱き情熱の輪を広げ、一人でも多くの同志を拡大するとともに、「このまちの未来を切り拓くのは自分たちだ」という気概と覚悟を持ち合わせたリーダーを育成いたします。